顎ニキビ 乾燥肌

 

乾燥肌でも顎ニキビができてしまうのはなぜ?

乾燥肌に顎ニキビができる原因

顎ニキビは脂性肌だけでなく乾燥肌や敏感肌でもできてしまいます。
ニキビに悩む人は脂性肌の人が多いのですが
なぜ乾燥肌でもできてしまうのでしょうか?

 

それは肌が乾燥することによって皮脂が過剰に出ているからです。

 

肌が乾燥してくると水分の蒸発をさせないように
皮脂が出てきて肌を守るようになります。

 

必要以上に皮脂が出てしまうと酸素に触れて酸化してしまいます。
これが過酸化脂質となって肌のとってよくない物質になるのです。

 

もう一つは毛穴に皮脂が詰まってしまうことでアクネ菌が
いつもより増えてしまい、数を減らそうと白血球が攻撃して
アクネ菌の量を調節しますが、この時に活性酸素で攻撃するため
肌が炎症したり、老化する原因になります。

 

乾燥肌の顎ニキビを改善する2つのポイントとは?

乾燥肌に顎ニキビを治す方法

 

乾燥肌の顎ニキビを改善する方法は

 

洗顔と保湿

 

たったこの2つを意識するだけで
早く改善することができます。

 

ニキビができたからといって洗顔のしすぎは
必要な皮脂や保湿成分を奪ってしまうので
余計に乾燥しやすくなってしまうので
多くても朝と夜の2回以上はしないようにして
洗顔料を通のは夜だけにして、
朝はぬるま湯ですすぐだけでも十分です。

 

洗顔のポイント

乾燥肌に顎ニキビの洗顔のポイント

洗顔は肌を傷つけないために
やさしく洗うのがポイントです。
乾燥肌は肌のバリア機能が弱いために
水分がすぐに蒸発してしまうので
洗顔でセラミドなどの肌を守ってくれている成分を
壊さずに洗顔することが大切です。

 

洗顔でやさしく洗うポイントは
しっかり泡立てすることで、
手を使わずに泡で洗うイメージで洗うと
肌に負担をかけずに汚れや皮脂を洗うことができます。

 

保湿のポイント

乾燥肌に顎ニキビの保湿のポイント

保湿は化粧水や美容液で保湿しましょう。
乳液もバリア機能を補う意味では大切ですが
油分が多いためアクネ菌の増殖につながってしまうので
ニキビができている時や予防したい時は
乳液の使用は避けるようにしましょう。

 

コットンではなく手で直接化粧水などを暖めながら
塗っていくと浸透しやすく、肌を傷つけずに塗れます。
顎周りや顔周りはムラになりやすく、
乾燥しやすいので特にたっぷりつけましょう。

 

オススメの洗顔料と化粧水

乾燥肌に顎ニキビの化粧品を選ぶコツ

洗顔料と化粧水をニキビ専用の化粧品に変えると
より早く、効果的に顎ニキビを改善することができます。

 

薬局などで売っている洗顔料は乾燥肌には刺激が強く、
皮脂や保湿成分を洗いすぎてしまうので
乾燥しやすく、なかなか治らなくなるので注意しましょう。

 

化粧水も正直そんなに保湿力は高くなく、
ほとんどが精製水でできているので乾燥肌の保湿には向いていません。

 

ニキビ専用の洗顔料や化粧水は肌への刺激が少なく、
炎症を抑える効果や、しっかり保湿するものが多いので
乾燥肌の顎ニキビにはより効果を発揮してくれます。

 

中でも乾燥肌にバッチリ効く化粧品の紹介です。

 

ラミューテ

lamuteeラミューテ

ラミューテ ラミューテ ラミューテ

ラミューテ

公式サイト

公式サイト

 

 

 

 

 

ルナメアAC

Lunamer ACルナメアAC

ルナメアAC ルナメアAC ルナメアAC

 

ルナメアAC

公式サイト

公式サイト

 

 

 

 

 

 

オルビス

ORBISオルビス

オルビス オルビス オルビス

オルビス

公式サイト

公式サイト