20代顎ニキビ

 

ニキビとストレスの関係

ニキビができて困っている女性

 

ニキビができる原因は思春期の時のニキビと
20代を過ぎてからの大人ニキビは
角質や汚れや皮脂で毛穴がふさがり
ニキビの元のアクネ菌が油分などを好むので
増殖しやすく、アクネ菌の量を減らすために
白血球が活性酸素を使って攻撃します。
この時に活性酸素が肌に炎症を起こしてしまい
ニキビができます。

 

 

ニキビができる原因の図

思春期ニキビも大人ニキビもそもそもは毛穴の詰まりが
ニキビを作ってしまう原因ですが
思春期ニキビは成長ホルモンで皮脂が出やすくなり
大人ニキビは生活週間やスキンケアが間違っていたり
原因がたくさんあるので同じ所にニキビができてしまい
繰り返してできやすいのです。

 

その中でもストレスは男性ホルモンの分泌がされやすくなり
皮脂が過剰分泌されるのと活性酸素が出るので
肌の老化スピードが早くなったりニキビがとてもできやすくなるのです。

 

 

ストレスは精神的なストレスや紫外線や外気の乾燥など
内側からも外側からも感じてしまいます。
日常生活でストレスは必然的に感じてしまうので
うまく解消しなければどんどんニキビができたり
肌荒れなどが進行してしまいます。

 

顎ニキビを治すためのスキンケア

化粧水

 

20代以降になってからのニキビは乾燥していることで
皮脂の分泌が過剰になって毛穴に詰まりやすく
ニキビができてしまい、同じ所に繰り返しできるので
乾燥させないためにスキンケアが大切になってきます。

 

洗顔の後や肌が乾燥してきた時に化粧水で保湿してあげで
常に乾燥から守ることがニキビ予防や改善に繋がります。

 

乳液は水分の蒸発を防ぐためにフタをする目的で使いますが
とても油分が多いためにニキビ肌にとってよくありません。

 

化粧水をたっぷりつけるか、美容液などでカバーしましょう。
ニキビ専用の化粧水などは炎症を落ち着かせたり
十分に保湿する成分が入っているのでオススメです