顎ニキビ洗顔

 

顎ニキビと正しい洗顔の仕方

洗顔

 

顎ニキビはスキンケア不足や生活習慣が乱れて
ホルモンのバランスが崩れるとできやすくなります。
スキンケアは洗顔や化粧水などの保湿が顎ニキビに大切で
意外と洗えていなかったり、化粧水がついていないことがあります。

 

間違った洗顔はニキビや肌荒れを起こしやすく
肌に負担がかかってなかなか治ってくれなくなります。
早く治すには今のスキンケアをちゃんと見直す必要があります。
今回は顎ニキビの正しい洗顔の仕方を説明します。

 

手洗いと予洗い

手洗い

 

いきなり洗顔する人はいないと思いますが
手は汚れやすくて雑菌が繁殖しているので
顔中に広げてしまう前に手を洗いましょう。
また汚れていると泡立ちも悪くなってしまいます。

 

予洗いは毛穴を開かせて汚れや皮脂を落としやすくします。
ホコリなどの汚れは予洗いだけでも十分に落とせますが
皮脂などの油分は落とせないので注意しましょう。

 

毛穴を開かせる為に水ではなくてお湯のほうが理想ですが
熱すぎると肌の保湿成分が逃げてしまうので
30℃〜35℃くらいのぬるま湯にしましょう。

 

泡立て

泡立て

 

泡立てずにそのまま洗顔料を顔につけるのは
肌への刺激が強すぎるため必要な角質や
皮脂などもとってしまう恐れがあります。

 

洗顔フォームや洗顔石鹸などは
手で泡立てるのは難しいので泡立てネットは
簡単にもこもこな泡が作れます。
一度泡立てたら水を少し加えて、
泡立てなおすのを繰り返すと弾力のある泡が作れます。

 

洗顔

洗顔

 

洗顔のポイントは手で洗わず泡でとにかくやさしく洗うことです。
肌は思っている以上に薄くて傷つきやすいので注意しましょう。
しっかり泡作りができていれば泡がクッションになります。
鼻やおでこなど皮脂が多くて気になる時はやさしく手で
洗っても大丈夫ですが、一度皮脂の多いところから洗っていき
時間差をつけて顔周りや口元や頬など洗ってみましょう。
洗顔料が付いているだけで皮脂など吸着してくれます。
逆に時間が長すぎると乾燥の原因などになるので
顎や頬など乾燥しやすい場所は最後にサッと洗いましょう。

 

すすぎと保湿

保湿

 

すすぎの前に一度顔についた泡をとってからすすぎましょう。
そのまますすぐと顔周りや顎や生え際の方に泡が寄ってしまい
すすぎ残しやすくなってしまいます。
洗顔料がすすげていないと肌荒れやニキビが悪化してしまうので
最低でも15〜20回以上はすすぐようにしましょう。
予洗いと同じぬるま湯がベストです。

 

洗顔したら皮脂などがなくなっていて
肌がとても乾燥しやすい状態なので
化粧水などで素早く保湿しましょう。
ニキビができている場合は特にコットンを使わずに手で付けて
1回では量も少なく塗れていないところが出てきてしまうので
2回3回と分けながらたっぷり塗りましょう。