顎ニキビ 生活習慣

 

ニキビと生活習慣の関係

顎ニキビができる原因

 

普段お生活で何気ない仕草や習慣が原因でニキビができやすくなっていることをご存知ですか?
特に顎ニキビは生活習慣が乱れているとできやすくなり
意識して改善することで顎ニキビの治りが早くなったり
繰り返し同じ所にできていたニキビが抑えれることもあります。

 

顎にニキビができる原因は大きく分けて4つ

 

ストレス

ストレス

普段生活しているとストレスは必ず感じてしまい
切り離せない存在です。

 

ストレスを感じると活性酸素が発生して
肌を老化させたり酸化してしまい
ニキビができやすくなります。

 

またホルモンバランスも乱れて男性ホルモンが多く出るため
皮脂が過剰に分泌されます。
顎はホルモンの影響を特に受けやすい場所なので
皮脂が詰まりやすくニキビができる要因がとても大きいのです。

 

ストレスを感じないことは不可能なので
自分にあったストレス解消方法を見つけるのが
一番の近道になります。

 

食生活の乱れ

食事

ファーストフードや居酒屋など外食が多かったり
甘いものや辛いものが好きでついつい食べ過ぎてしまう人は
栄養のバランスが悪くなってきて
内蔵に負担がかかったりして肌荒れや
ニキビとして現れてきます。

 

糖分や油分など摂り過ぎると
皮脂の過剰分泌につながるので
摂取量を控えるようにしましょう。

 

またニキビにはビタミンやミネラルが有効で
レバーや野菜などに多く含まれています。

 

睡眠不足

睡眠

睡眠不足はにホルモンバランスが乱れて
皮脂の増加やストレスを感じてしまうことになります。

 

肌の老化や新陳代謝が遅くなったりもして
美容には睡眠がとても重要になってきます。

 

特に夜の10時から2時位までは
肌のゴールデンタイムと言われていて
肌が再生するのに最もいい時間と言われています。

 

この時間に寝ることを意識すると
体の調子や肌の調子が良くなってきます。

 

間違ったスキンケア

スキンケア

スキンケアで大切なのが洗顔と保湿ですが
顎ニキビが気になって1日に何回も洗顔したり
洗顔のするたびに洗顔料を使ったりすることです。

 

ニキビができている時は肌が弱っている証拠なので
強く洗顔していたり何回も洗うと更にニキビが悪化したり
なかなか治らなかったりします。

 

また化粧水などでしっかり保湿することも大切で
テカテカの肌質がニキビができやすいイメージですが
ニキビは乾燥していると皮脂が出てくるので
乾燥させないことが大切なのです。